医療法人財団健和会
柳原腎クリニック

yanagihara jin clinic

所長あいさつ・理念

 柳原腎クリニックのホームページへようこそ
 私ども柳原腎クリニックは1995年2月1日に開設(30床)し、健和会を含めた東京民医連東部ブロック地域の関係院所の透析を必要とする腎不全患者様の透析施設としての役割を果たしてきました。
 時代の流れであるところの超高齢化社会ともあいまって、高齢透析患者様が増加し、また腎不全の原疾患として糖尿病性腎症の圧倒的増加により、糖尿病の様々な合併症を抱えての透析導入例が多くなって参りました。
 日本透析医学会での統計報告でも、患者数の増加がみられるように、私どもの管理患者数も増えまして2007年6月25日に現在地に移転し増床(48床)しました。現在は、当初の健和会や東京民医連東部ブロック地域関係院所の患者様だけでなく、東京城東地域にある都立病院・大学病院あるいは専門病院などとも連携し地域の慢性維持透析医療施設としての役割を担う状況となっております。
 認知症や介護度の高い透析患者様が今後も益々多くなってきます。柳原腎クリニックは、健和会柳原・千住地域の各院所・事業所と連携をし、公的介護保険制度なども積極的に活用しつつ責任ある透析施設として今後も邁進してゆく所存であります。
 今後ともよろしくお願いいたします。

医療法人財団健和会 柳原腎クリニック所長 岩城敏彦

柳原腎クリニックの理念
一人ひとりがよりよい暮らしをおくること。それが私たちの願いです。

健和会は創立以来、患者様や住民の皆様と私たち職員が一緒になって、地域で安心して暮らせる地域医療ネットワークの実現を目指してきました。
透析治療においても、患者様の立場に立ち、医師、看護師、臨床工学技士は、安全で快適な透析を一番に考えています。
制限のある食事も、栄養士が中心に美味しく楽しい食事ができるようにしています。
生活上の問題を抱える患者様にはメディカルソーシャルワーカーが、皆様と相談しながら不安なく治療ができるように心がけています。
患者様、家族の皆様と私たちスタッフが話し合い、一人ひとりにあった治療を進めています。